« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

五月果つ

Vajisai011今日で五月も終わりです。

いろいろな種類の紫陽花が

咲き始めています。

変なお天気続きだった五月を終るのに相応しく?

今日もおかしなお天気で、

Vkumo013_2 朝から左の写真のような

空模様でしたが、

今(18時)には、

頭の上で雷が鳴っています。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月30日 (水)

里芋

Vkawa018今日は午後から雨が降るとの予報で、

朝歩いている頃にはもう怪しい雲が

どんどん広がって来ていました。

いつもとコースを変えて、石神井川沿いに

少しさかのぼってみました。

石神井川はシートパイルとコンクリートの

何の風情もない川になってしまいましたが、

それでもこの辺は芥も少なく水も澄んでいます。

Vimo023

河畔の畑では、

里芋が里芋らしい葉を

見せていました。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月29日 (火)

退屈!

Vinu031お人形を貰ってもねぇ・・・・

退屈だなあ・・・・

一日の大半はこうしている

のでしょうか?

もっとも私がこのわんちゃんに会うのは、

1日に朝の1回きりですから分かりません。

優しい顔をしていますから、

可愛がって貰っているのでしょう!

昨日の質問の答えは、

左が「杜若(かきつばた)」

右が「野花菖蒲(のはなしょうぶ)」です。

一番分かり易い区別の仕方は、

花弁の基部の三角形のところが

白なら「杜若」

黄なら「野花菖蒲」

網目なら「菖蒲(あやめ)」です。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月28日 (月)

Vkumo017朝のうち一荒れありそうな

空模様でしたので、

雲の写真を撮って来ました。

三宝寺池の上空の様子です。

今朝は、昨日に較べるとずっと涼しい朝でした。

さて、

Vnohanashoubu0222

Vnohanashoubu0642 この2枚の

写真の花は

似ていますが、

一方が「かきつばた」で

他方が「のはなしょうぶ」です。

区別出来ますか?

この写真の場合、花の紺色の違いは参考に

しないで下さい。

どちらも三宝寺池に咲いています。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月27日 (日)

探鳥会

Vtanchou021昨日今日の週末は、お天気に恵まれ、

三宝寺池には大勢の探鳥会の人達が

来ていました。

この人達の目線の先には、鷺と鵜の樹上の巣が

あるはずです。

また、カメラ・グループは、いつもの翡翠が来る場所に、

大砲のようなカメラをずらりと並べていました。

その間から、ちょっと通りすがりに撮らせて貰ったのが

Vkawasemi0132 左の写真です。

大砲組の人達の狙っているのは、

こう云う平凡な構図ではないのです。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月26日 (土)

牛蛙

Vmakomo053今朝、石神井池の池畔を

歩いていましたら、

左の写真の真菰の中から

「ぼぉっ」と牛蛙の声が聞えました。

たった一声だけ・・・・

いることはいるのです。

真菰の間をあちらこちら覗いて見たのですが、

姿を見ることは出来ませんでした。

以前ここで撮った牛蛙の写真を、

このホームページに掲載したことがあります。

帰って来て、その写真を探したのですが、

整理が悪いので見付かりませんでした。

三宝寺池では、今のところ全く声を聞きません。

Vturi046

朝から日差しが強いので、

釣りをする人は大きな日傘を

広げていました。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月25日 (金)

予報がはずれて!

Wudon433今日は昼から夜にかけて

大雨・大風で傘も役に立たない

との天気予報でした。

13時から18時までの見学会がありましたが、

万一を考えて、16時からの懇親会には出ないで、

その代り?途中の駅の構内の「さぬきうどん」の

店の写真を撮って帰って来ました。

ところが、しとしと雨が降ったり止んだりで、

風もありませんでした。

以上報告致します。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

大荒れ!

Vkyabetu011キャベツが玉を巻き始めました。

間もなく夏キャベツの収穫です。

練馬は四季に亘ってキャベツ!

「練馬大根」などと云う人は古いのです。

練馬大根復活の努力が続けられているのですが・・・・

それにしても、近頃の野菜は

どうしてこうも固いのでしょうか?

今日はこれから出掛けて、ずっと屋外ですが、

大荒れのお天気のようです。

昨日か明日ならば良かったのに・・・・

ご報告はいずれ!

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月24日 (木)

次々と

Vkyoutikutou007次々と夏の花が咲いて

賑やかになります!

左の写真は、

家のすぐ側の桜の辻公園の夾竹桃です。

「七月の季語」と云うことになっています。

ところで

Wjiro004_1今朝、星亀の次郎が死にました。

冬眠から無理矢理目覚めさせたのが

いけなかったのです。

大食漢なのに、それからずっと餌も余り食べなくなって

いました。

早く動くのが見たいと思ったもので・・・・

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月23日 (水)

待ちなさい!

Vkamo0332昨日のブログでお見せした

「軽鳧(かる)の親子」を

今朝も見ました。

ちょっと油断をすると、

怖いもの知らずで、これこの通り!

慌てて母親が追いかけて行きます。

今日はまた、私の娘の誕生日。

もう40歳を越えているのですよねぇ!

嘘のよう・・・・

さっき、お祝いの電話をしたところです。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月22日 (火)

また軽鳧の子!

Vkamo027左の写真は、

今までお見せした2組の軽鴨の親子とは

また違う1組で、三宝寺池です。

まだ孵ったばかりの小さい雛です。

今年は、軽鳧の子ブームで、嬉しいことです!

幸いこのところ、爽やかな快晴の日が続いています。

話は違いますが、最近面白い町の名前を聞く

チャンスがありました。

福岡の「警固(けご)」とか、

今はなくなってしまったそうですが

「古子鴉(ふるこがらす)」とか、

「雑餉隈(ざっしょのくま)」なんて云う駅もありました。

岡山の「中納言」とか・・・・

いずれも由緒謂れがあるようです。

こう云う町の名前は是非残しておいて貰いたいものです。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月21日 (月)

五月晴

Vyukka021_1NHKの「気象情報」を聞いていましたら、

どの気象予報士さんも

「今日は爽やかな五月晴で・・・・」

と云っていました。

私の子供時代は戦前ですが、その頃でも

今日のような5月の空の良く晴れたことを

「五月晴」と云っていました。

いま「五月晴」を「梅雨の晴れ間」と実感

出来る人は少ないでしょう。

なんせ陽暦に変ったのは明治6年、

今から130数年前ですから。

そしてまた、今日は二十四節気の一の「小満」。

「小満」は多くの歳時記で季語とされていますから

「小満や・・・・・」などと簡単に一句詠みますが、

その作者は「小満」をどう理解しているのでしょうか?

「万物しだいに長じて満つるの意」などと云われて

いますがピント来ません。

実は「小満」とは

「気温もだいぶ高くなって、少し動くと汗ばむ頃の

感じがする」と云う意味の言葉です。

それに、「小寒」に対しては「大寒」が、

「小暑」に対しては「大暑」がありますのに、

「小満」に対して「大満」がないのは

「不満である」と云っている人がおります。

七十二候になると、中国の風土、古代の中国人の発想、

陰陽思想などから生まれ、日本人には実感し難いものも

けっこうあるのです。

その中には、言葉が面白いからと云うだけで

歳時記の季語に取り上げられているものもあます。

それを使って俳句を詠む人も少なくありませんが、

その人達はどう理解して使っているのでしょうか?

上掲の写真は「ユッカ」の花です。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月20日 (日)

こどもまつり

Vyatai016昨日は午前中雨で、

「練馬こどもまつり」は

今日に延期になりました。

幸い、久し振りに爽やかなお天気で、

朝から石神井池畔には、大勢の人が出て

10時30分から始まるお祭りの準備に

大忙しの様子でした。

上掲の写真は、石神井池南側台地に

出ていた屋台です。

「緑陰」と云うにはいささか早いようですが、

そんなムードが感じられませんか。

この写真の向って左側は崖ですが、

そこを降りてゆくとメイン会場の野外ステージです。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月19日 (土)

お田植準備

Vtaue032氷川神社では、若い神主さん達が

斎田のお田植の準備をしていました。

小さい斎田に耕耘機を持ち込んで、

農家の方の指導を受けながら悪戦苦闘です。

なかなか自由にならないもののようでした。

こうした斎田が3面あって、毎年秋には、

神前にお供えする「黒米」「赤米」が稔ります。

このところずっと天候不順ですが、

今年の秋の稔りはどうでしょうか?

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月18日 (金)

軽鴨の雛

Vkaru026Vkaru020何処へ行ってしまった

のかと思っていた

「軽鴨のひな達」に、

今朝会いました。

それも、三宝寺池(左の写真)でも

     石神井池(右の写真)でも・・・・

形がやや小さい以外は、もう親鳥にそっくりです。

それでも、まだお母さんの庇護のもとにあるようです。

心配していましたが、数も減っていませんでしたし、

元気でもの凄い食欲でした。

それともう一つ。

Vhirugao013 昼顔が咲いていました。

一輪だけ。

これからどんどん

ふえることでしょう。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月17日 (木)

牛蛙

Wkakitubata0252三宝寺池は、杜若の

真っ盛りです。

今年は「牛蛙」の声を

まだ聞きません。

以前2度ほど私のHPに、三宝寺池で撮った

「牛蛙」の写真を載せたことがあります。

亀が卵やお玉杓子を食べてしまったのだろう

と云う「亀元凶説」や

「鷺元凶説」「鵜元凶説」 「雷魚元凶説」

などなど賑やかなことです。

牛蛙は北米から輸入した食用蛙で、

その餌にと「ざりがに」も輸入したのですが、

餌の方も近頃余り見なくなりました。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月16日 (水)

旧暦

Wmiyakowasure005この間うち、ちょっと

旧暦に関する本を読みました。

旧暦時代の出来事の記録は、

その旧暦の日付通りに読んだのでは、

季節がずれていてピンと来ませんが、

さりとて、なんでも陽暦の日付に直したのでは、

これまたピンと来ない場合があります。

元禄15年12月14日の赤穂義士の討入は、

陽暦の1月30日に読み替えなければ

江戸には雪が降らないと云うこともありますが、

やはり、討入は12月14日でなければならないでしょう。

この討入が「年末茶会」の夜を狙ったと云うことも

ありますが、

何よりも「14日」であることが重要なのです。

ほぼ満月に近い月が、一晩中皓皓と照り渡っていた

からこそ討入が成功したのです。

もう一つ面白い話。

新田義貞が鎌倉に北條高時を攻めた時、

稲村ケ崎で黄金の太刀を竜神に捧げて祈りましたら、

潮がどんどん引いて20余町もの干潟が広がり、

大軍が攻め入ることが出来たと云うご存知の話が

「太平記」にあります。

時は元弘3年5月22日のことですが、

旧暦の22日は、潮の干満の差がもっとも少ない

小潮の頃で、こんなことはありえないのです。

上掲の写真は「都忘れ」で「東菊」とも云いますが、

本当の「東菊」は別種です。晩春の季語です。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月15日 (火)

葵祭

Wasaza017昼にまだ間のある頃から、

雷が「ごろごろ」鳴り始めたかと

思いましたら、

大変なお天気となり、寒くなりました。

近頃こう云うことが多いのですねぇ!

西の方の立川では雹が降ったようです。

一方、今日は「葵祭」。

私が大阪にいた頃の記憶では、

「葵祭」と云うと雨が降り、雨が降れば

祭は順延。

「葵祭ツアー」の人達はどうするのかと

思いました。

ところが、今日の京都は、東京とは反対に

お天気が良かったようです。

つい先日上賀茂神社・下賀茂神社に

お参りした時、タクシーの運転手さんから聞いた、

「葵祭」の行列がなぜ上賀茂神社・下賀茂神社に

行くのかと云う話を思い出しています。

上掲は今朝撮った「浅沙(あさざ)の花」の写真です。

「スイレン科」ではなくて、何と「リンドウ科」です。

朝咲いて、午後にはしぼみます。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月14日 (月)

えごの花

Wego014今朝、三宝寺池に行きましたら、

「えごの花」の真っ盛りでした。

もう「水木」や「藪手鞠」の花は

終ってしまいました。

「えごの花」を見ると、石田波郷の句を思います。

波郷には「えごの花」の句が多いのです。

その中から、楽しい句を一句

 山鳩の機嫌の歌よえごの花    波郷

三宝寺池にはもう、蜻蛉が飛んでいました。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月13日 (日)

照姫まつり

Wteruhime7718_1今日は前々からお知らせしておいた

「照姫まつり」でした。

幸いお天気にも恵まれ、

大変な人出でした。

13時に石神井池畔の野外ステージで

出陣式を挙げ、行列に移りました。

上掲の写真は、西武池袋線・石神井公園駅の

跨線橋から、輿に乗った「照姫」を見下ろした

ところです。

この後に豊島泰経(田辺靖雄)と

奥方(九重佑三子)が続いています。

今年は練馬区が板橋区から独立して

60周年になります。

当初10数万人だった区の人口が、

今や70万人だそうです。

そろそろ石神井地区だけの独立を

考える時かも・・・・?

しかしこうして見ると、石神井公園駅の

駅前は田舎ですねぇ!

今日は「母の日」でもありました。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月12日 (土)

ラジオ深夜便

Wkishoubu011今日は穏やかなお天気の一日に

なるかと思っていましたが、

やっぱり昼過ぎると風が出て来ました。

石神井池は、いま上掲の写真のように

「黄菖蒲」の真っ盛りです。

池畔では、明日の「照姫まつり」の準備で

大忙しでした。

先日、ふと「ラジオ深夜便」を聞きました。

内容も良かったのですが、

何よりもベテラン・アナウンサーの

聞き易い語り口を嬉しく思いました。

近頃のテレビの若いアナウンサーをはじめ

タレント達の早口には往生しているのです。

ピーチクパーチクと騒音としか思えません。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月11日 (金)

タヒチ

Wkukki001_1

「タヒチ」と云っても、

私が行ったわけではありません。

「タヒチ」に行った方からお土産に

左の写真の箱に入った

クッキーを頂いたのです。

それで

Wkukki430_3 中味は

左の写真のような形で

直径5cm・厚さ1cmです。

「タヒチ」と云えば、フランス後期印象派の

巨匠ポール・ゴーギャンを思います。

そして、この巨匠にヒントを得て書かれた

サマセット・モームの小説「月と六ペンス」

を思います。

ゴーギャンモームも波乱万丈の生涯を

送りました。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow                                                                                

2007年5月10日 (木)

拍子抜け

Wbara016午後から雨・突風・雷ことによると雹

との気象情報だったので、

14時頃「ごろごろ」と鳴り出した時は、

いよいよと期待?したのですが、

ぱらぱらと雨が降っただけで終ってしまいました。

喜ぶべきでしょう!

近頃、一昨年の11月に亡くなったMさんが

亡くなるジャスト4ヶ月前に電話して来て、

次から次へと独りで1時間も話していたその中で、

「もうじき自分は死ぬなあと云うことが分かって

来るのです。本当ですよ。」と云った言葉が

いやに思い出されて来るのです。

Mさんと云うのは、ちょうど上掲の薔薇のような

感じの方でした。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月 9日 (水)

いきなり

Wtoti023夏本番となりびっくりしています。

石神井池畔では「橡の花」が

真っ盛りです。

明日の午後からは急激に気温が下がって

来るそうです。

今日は、血管外科の方の病院へ、

左足の定例の診察に行って来ました。

動脈の閉塞は良くはなりませんが、

悪化はしていないようでした。

先週、超音波検査をした静脈は

異常なかったようです。

リンパ腺系統に問題がある

かもと云う先生のお話でした。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月 8日 (火)

睡蓮

Wsuiren035

もちろんTシャツで歩きました。

はじめはちょっと冷や冷やして

いましたが、歩いているうちに

汗ばんで来ました。

三宝寺池には「睡蓮」の花が幾つか開いていました。

やがて、葉が池のもっと広い水面を覆い、

花がびっしりと咲くようになります。

歳時記などには、「睡蓮」のことを「未草(ひつじぐさ)」

とも云うと書いてありますが、厳密に云えば両者は

違います。

毎日、晴れれば午後になって強い風が吹きます。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月 7日 (月)

薔薇の花

Wbara0132スタート早々の昨日は

ちょっと躓いてしまいましたが、

今日の午後になって、ようやく

夏の面目を取り戻して来ました。

まだまだこの先に

梅雨も控えているのですから、

そう一気には暑くならないでしょうが、

今年は今年はと思いつつ40年間、

なんとか無くて過ごして来たクーラーを、

今年もまたどうしようかと考えています。

薔薇に元気が出てきました。

四季咲き・春秋咲き・冬咲きなどもありますが、

やはり夏に咲くものが多いようです。

上掲の写真は、石神井池へ行く途中の

お宅の薔薇です。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月 6日 (日)

立夏

Wtshatu0022今日から「夏」。

好天気続きだった連休の最後が、

生憎のお天気になってしまいました。

今日から、私の制服はTシャツに変ります。

家にいる時も、外へ出掛ける時もいつもTシャツです。

まず初日の今日は、胸に大きなワンちゃんの絵の

あるのにしました。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月 5日 (土)

鯉幟

Wkoinobori021端午の節句の今日、

いつものコースを歩きましたが、

鯉幟を全く見掛けませんでした。

(団地のベランダなどに、

ミニのは2つ~3つありましたが)

テレビで見ますと、鯉幟は各家庭で揚げるものではなく、

今や観光的イベントになってしまっているようです。

上掲の写真は、わが家の鯉幟で、高さ15㎝です。

わが家は何でもミニです!

Wakasia0122 団地の駐車場のアカシア並木が

ちょうど花の真っ盛りで、

熊蜂がやって来ています。

(○印)

 

〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月 4日 (金)

照姫まつり

Wmaturi0195月13日(日)は、

「第20回照姫まつり」です。

石神井公園で10時~16時、

少雨決行です。

豊島氏が太田道灌に滅ぼされてから、

ちょうど530年になります。

今年の豊島泰経とその奥方は

田辺靖雄と九重佑三子ご夫妻、

照姫はオーディションで選ばれた

区内在住の15歳の村田悠子さんです。

また今年は、練馬区が板橋区から独立して

60周年になります。

石神井池には、燕が飛んでいました。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月 3日 (木)

花水木

Wmizuki0074284月29日(昭和の日)のブログに、

左の写真を掲載しましたところ、

「のんのん」さんからコメントがあり、

見慣れている「花水木」と少し違うと云うことでした。

Whanamizuki032_2Whanamizuki033_2Whanamizuki007 

ここに

掲げた

写真は左から順に苞が開いて行く様子です。

最初、手の平を上に向けて、指先をくっ付けたような

恰好をしていますが、その指先がやがてポッと

離れて、一番右のような平らな形になります。

花水木にはいろいろ種類がありますが、

この種類はまだ少ないかも・・・・

今日は、Tシャツで歩いても暑いくらいでした。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月 2日 (水)

八十八夜

Wmizuki0532_1Wmizuki0222_2

朝のうちはどうかなと

思われるお天気でしたが、

昼近くには良いお天気に

なり、暑くなって来ました。

「夏も近づく八十八夜・・・・」です。

それに今夜は満月。

上掲の写真は三宝寺池畔の「ミズキ」の

遠景と近景です。いま真っ盛り!

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

2007年5月 1日 (火)

棕櫚の花

Wshuro046棕櫚の花が咲き始めました。

大きな舌を、ベロッと出したようで

余り気持の良いものではありません。

5月1日のメーデーも随分のどかなものになりました。

昭和27年の宮城前広場の血のメーデーを

忘れられません。

暴力革命を夢見て、某国の指示により、

某政党が指導したと云うのですが・・・・

日本も、何かと云えばぺこぺこ謝ってばかりいないで、

もっと毅然とした態度をとって貰いたいものです。

 〈写真はクリックすると大きくなります〉

HP・・http://homepage3.nifty.com/wkazuow

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ